2009年 07月 29日
帰ってきた「もてなし上手-復刻版-」
物を失くす事がとても多い私。
先日あきらめてた結婚指輪が出てきました汗。←主人には報告済み
学生の時に奥田民生のライブツアーファイナルの日のチケットを失くして
中に入れなかったこともあったな。
会場の前まで行ってみたもののチケットがないんだから入れるわけもなく。
ダフ屋のおっさんに3万で売りつけられそうになり、
そんなものに屈してなるものかと涙目で帰ってきたっけ。
多分、間違えてゴミ箱に捨てたんだと思う。







A型の癖に片付けるのは好きじゃないし、
置いてあった所に戻すということが出来ない私です。
基本、おっちょこちょいなんです。
「おっちょこちょい」って言葉自体がもうダメな感じ笑。
主人はそういうこと滅多にないのです。
あんなに片付けるの好きじゃないくせになぜ?

で、まだ指輪は分かるとして(分かるなよ)
何でそんなものを失くすのよ?っていうものを失くしたんです。
お気に入りの料理本。

そんなもの外に持って歩くなんてことはあんまりないのですが、
人に貸した記憶はあって、返したと言われ確かに返してもらったような?
あんまりはっきりとは覚えていないのですが。

まあ、とにかく家の中にはないんです。
で、そんなに気に入ってたんなら同じもの買えばいいじゃないかと。
そうなんです。だから買おうと思って探したんですが廃版でもう無くなってるんですね。

望みは絶たれたと思い、半ばあきらめモードだったんですが
先日本屋に入ったら、なんと復刻版が出てるじゃないのー涙。
一人心の中で小躍りしてしまった私です。


もてなし上手 復刻版―基本はいつものおかずです (扶桑社ムック)

栗原 はるみ / 扶桑社



迷わず購入。

この本、ただ読んでるだけでもとても楽しいんです。
落ち着く感じ。
何も作る気がなくてもパラパラめくったりしてます。
もちろん作りもしますがね。
この本を参考にして作ったレシピはかなり多いです。
家にあるものでまかなえるというのがポイント高いですし、
かつ、もてなしのひと工夫が15年も前の本なのに今でも新鮮で素敵なおもてなしスタイルだと思えます。


もてなし上手って言うけれど、いつもの生活の延長でもてなしている感じも
栗原さんのライフスタイルが窺い知れてとても好き。

で、そんな大好きな本、そもそも失くすなってことですが、
ここで復刻版が出たのも何か縁があってのことだと思い、
今度は本当に大事に使います。

復刻版は、レシピに改良を重ねたものもありますが、
写真も表紙意外は当時のままのものが使われています。
ただ、当時のものは1ページに何品かまとめられていたものが
復刻版では一品1ページ使われていて
ページ数が多くなった分、本が少し重くなりました。
使い勝手は前の方が良かったかもしれません。

でも、これからもこの本のお世話になれることはとにかく嬉しい限り。


当時の本も古本ならまだ手に入るようです。

栗原はるみのもてなし上手―基本はいつものおかずです (エッセ別冊 エッセブックシリーズ 21)

栗原 はるみ / 扶桑社





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑整理整頓が出来ない私に渇を!
[PR]

by hima-ri14 | 2009-07-29 17:45 | 映画・本・音楽・演劇ほか


<< イタリアンレストランへ      Friday Night >>